imakoso

今しかできない子育てを楽しむための情報発信ブログ

【0歳児から】おすすめ野菜の絵本5選

野菜は冷蔵庫の中にも必ず何かしら入っていますし、スーパーに行けば色々な種類の野菜が並んでいます。

そんな身近な存在である野菜を題材にした絵本は、子供も興味を持ちやすいですし、絵本に出てきたものを実際に見せてあげたり、食べさせてあげたり、一緒に料理をしてみたり、育ててみたり…と子供と一緒に楽しめる要素が沢山あると思います。

今回はそんな野菜を題材にしたおすすめの絵本をご紹介します。

 

 

やさい/平山和子

文章も少なく絵もはっきりとしているので0歳台から楽しめる絵本です。

身近な野菜が畑で育っている様子と八百屋さんに並ぶ様子が、とてもリアルで迫力があって温かみのあるタッチの絵で描かれています。

同じシリーズの『くだもの』も人気です。

 

やさいのおなか/きうちかつ

野菜の断面を『やさいのおなか』と表現し、様々な野菜の断面が白黒で出てきます。

大人でも時々「なんだろう?」と思うようなものも出てきて、読んでいてとても面白いです。

ページをめくるとカラーで野菜の断面と、正解の野菜の絵が出てきます。

何度も読むうちに子供も自然と覚えるので、クイズのように楽しむこともできます。

1~2歳くらいの子供におすすめです。

 

やさいいろいろかくれんぼ/いしかわこうじ

野菜の形に型抜きされているしかけ絵本です。

全ページ厚紙でできているので、小さい子供でも破れる心配がないのもいいですね。

はっきりとした色とイラストで子供も興味を持ちやすいです。

色と野菜には英語も書かれているので、色を覚えたり、野菜を覚えたり、英語を覚えたりと色々な使い方ができそうです。

 

やさいさん/tupera tupera

土に埋まった野菜がすっぽーんと出てくる楽しいしかけ絵本

イラストもユニークで可愛らしくわかりやすいです。

『いないいないばぁ!』のような遊びもできて、子供と一緒に楽しめる絵本です。

 

おやおや、おやさい

かわいい野菜たちがマラソン大会で奮闘する様子を描いた作品。

『にんきものの にんにく きんにく むきむき』や『かぼちゃの ぼっちゃん かわに ぼちゃん』など、言葉のリズムが楽しく、何度も読んでいると自然と覚えちゃいます。

パセリやラディッシュ、セロリなど、あまり子供向けの絵本に登場しない野菜も、かわいく描かれているのがポイント。

様々な野菜に触れるきっかけになります。

 

さいごに

気になる絵本はありましたでしょうか?

野菜の絵本は食育にもつながるのでとてもおすすめですよ!

ぜひ読んでみてくださいね!