imakoso

今しかできない子育てを楽しむための情報発信ブログ

ピアノの前にソルフェージュで音楽の基礎学力を!自宅でもできることを探してみた!

3歳位からピアノを習わせるといいってよく聞きますよね。

脳にいいとか、絶対音感が身につくとか、指先が器用になるとか、東大生はピアノを習っている人が多いとか…

 

そんないいことばっかり聞くとぜひ子供にやらせてあげたい!とおもったのですが、大手音楽教室のHPを見ると、3歳児はピアノではなくソルフェージュを中心にやっている様子。

 

ソルフェージュとは…

ひとことで言うと、音感やリズム感、楽譜を読む力など音楽の基礎学力。

ピアノを弾く前の準備段階。

ソルフェージュの能力は音楽が木だとすると根っこの部分で、ピアノはもちろんの事、他の楽器などにも応用可能な能力。

 

ピアノの練習の前にソルフェージュをした方が良い!

ピアノを習っていても、実は音符が読めていなかったり、簡単なリズムが打てなかったりすることも多いそう。

音符が読めないのに曲ばかりが進んでしまうと、途中で行き詰ってしまうことも。

思い返せば私もピアノを習っていたのですが、あまりソルフェージュのようなことをした記憶がなく、とにかく曲を弾く練習が主だったような気がします。

そして、ある程度曲が進んできたときに、楽譜がスムーズに読み取れず、ピアノを弾くのが嫌になってやめてしまったということがありました。

なので子供にはこういう思いをなるべくしてほしくなくて、曲を弾くよりも先に、音符の読み方や、リズム感や音感を鍛えるといった基礎をしっかりやって、曲の練習に入ってほしいと思いました。

また、色々な音楽に触れて、音楽って楽しい!音楽が好き!音楽のことをもっと知りたい!と思ってもらうには、ソルフェージュがぴったりだと思いました。

 

ソルフェージュってどうやって教えたらいいの?

もちろん音楽教室に通って習う方法もあるのですが、もし自宅で教えてみたい方はこちらの本を読むことをおすすめします。

こちらは長年ソルフェージュとピアノの幼児指導をされてきた呉暁さんという方が書かれた本。

長年幼児に指導してきただけあって、幼児に何から教えたらいいのか、どう教えたらわかりやすいのかといった教え方のコツが書いてあります。

この後紹介する教本をやる前に読んでおくと、より深くソルフェージュについて教えられると思います。

 

ソルフェージュを教えるのにおすすめの教本

こちらも呉暁さんが書かれたリズムとソルフェージュの教本。

4歳児でもわかりやすいように音符が大きい。

教え方の例も書かれているので、その通り教えれば大丈夫。

 

こちらがその続き。

 

初めてのピアノ練習におすすめの教本

導入期のピアノ教本として広く使われています。

上記2冊のソルフェージュの本とこの『うたとピアノの絵本』を併用すると、楽しみながら基礎をきずくことができてたいへん効果的との事。

こちらは①みぎて

 

②ひだりて 

 

③りょうて 

 

教本以外で自宅でできること

教本を使って、音感やリズム感、楽譜を読む力をつける以外に自宅でできることをまとめてみました。

 

良い音楽を沢山聴く

クラシックや 

 

童謡のCDなどをかけ流しておくのが効果的。

 

ドレミで歌う

音感を伸ばすためには、まず歌を歌うことが大切。

次にその歌をドレミで歌う練習をするとよいそう。

 

指の体操

「指を開いたり、くっつけたり」といった体操や、「指をいっぽんずつ動かす」体操など。

ソルフェージュからピアノへ』の中にもやり方の説明があるので、参考にすると良いと思います。

 

遊び弾き

楽譜なしで曲を弾いたり、左手で簡単な伴奏を付けたりして、予め楽器になじんでおく。

 

かずや上下左右の理解

幼児の場合、楽譜を読んだりする上で最低限これくらいは理解していた方がよさそうです。

 

まとめ

この辺の内容であれば、教室に通わなくても、頑張れば親が教えてあげられるかも知れません。

もしくは、教室に通う前、通いながら自宅で試してみるのもいいかも知れませんね(^^)

親子で楽しみながら、音楽に対する興味を育てられるといいですね♪