imakoso

imakoso

楽しみながら、おうちでできる知育。

おうち英語の記録【3ヵ月】

おうち英語を始めて3ヵ月ほどたちましたので、現在取り組んでいることと、子供たち(3歳児、1歳児)の様子を記録しておきたいと思います。

 

 

この1ヵ月で取り組んだこと

TVでYouTubeの動画を視聴

主に取り組んだのはこちら。

毎日、1~2時間ほど、朝のしたく時や遊んでいる時間などに付けておくようにしました。

いろいろ、他のチャンネルを見たりもしましたが、やはりおすすめはこちらのチャンネル。


Seven Steps | + More Kids Songs | Super Simple Songs

歌が聞き取りやすいのと、映像が分かりやすいのと、なにより子供たちが気に入って見ているので、このチャンネルの動画はほぼ見尽くしたのではないかというくらい見ました。

 

ちなみに、我が家ではPCとTVをHDMIケーブルでつないで視聴しています。

詳しい内容はこちら。

imakoso.hatenablog.com

 

ちなみにこのYouTubeをTVで見るというアイデアはこちらの書籍を参考にしてます。

おうち英語をされたい方にはとてもおすすめの内容になってます。

 

英語のCDかけ流し

使っているCDはこちら。

TVばっかりも良くないような気がするので、TV見過ぎてるなーと感じたときや、車での移動のときにかけてます。

上で紹介したYouTubeのチャンネルと連動しているため、子供たちに非常に受けがいいです!

歌なのでかけ流していても、違和感がないですね。

 

もう一つ、最近ちょっと取り組んでいるのはこちら。

こちらは絵本の朗読CDで、歌と違ってかけ流しもやや違和感があり、3歳児にもいまいち受けがよくないのですが、 それでも英語に触れている時間が長ければ長いほど、いいような気はするんです。

ほとんど聞いていないように見えても、ときどきふっと耳に入ってくるといいますか、なんとも表現しにくいのですが、英語のイントネーションというかリズムというか…そういう感覚的なものが自然と耳に残るような気がするんです。

ちなみに1歳児の方はわりと気に入って聞いています(笑)

 

英語絵本の読み聞かせ

これはやったりやらなかったり(^_^;)

3日に1回くらいで5冊ほど、上のサイトワードリーダーズの本を読んでいます。

我が家ではいっぺんに25冊を本棚に出してしまうと、おもちゃのように雑に扱ってしまうので、大体1週間に5冊のペースで本棚に出して、あとは閉まっておいてます。

その方が絵本としての尊厳を保っていられるようです…

これも、3歳児の方はいまいち。1歳児はわりと好きなようでたまに自分から読んでと持ってきます。

 

日常生活で英語を使う

というとかなりハードルが高いように聞こえますが、『一日ひとこと英語を使う』を目標にするとかなりハードルが下がり使いやすくなるかなと。

例えば、「急いで!」と言いたいときに「Hurry up!」と言ったり…

まだそんなレベルですが、とにかく英語を使うことに慣れていかないと!と思いやっています。

子供は親が使う英語をかなり吸収している気がするので(ドキッ)、わたし自身が英語を少し話せるようにならないとなーと思い、子供とともに勉強中です。

 

子供たちの様子

体や顔の部位を英語で言えるように!

3歳児の方は頭、目、耳、鼻、口、あご、肩、腕、おなか、足など英語で言えて部位もわかるようになりました。

1歳児もなぜかあご(chin)だけはわかる様子(笑)

ほぼYouTubeの動画の影響。歌の中によく体の部位が出てきます。

 

英語の発音がいい!というか、子供に発音を指摘される…

どうやって出してるの?とうらやましくなるくらい英語の発音がいいです。

そして、つい最近わたしの英語の発音も子供(3歳児)に指摘されました(笑)

「11(イレブン)」の発音が違うと…

4~5回言わされ、それでもやや不満げな顔で合格を言い渡されました…

そんなこともあって、英語絵本の朗読は読んでもあげるけど、正しい発音を知ってもらうためにCDのかけ流しも合わせてやることにしています。

 

映像がなくてもCDを聞いてどんな歌なのか理解している。

これは1歳児の方ですが、CDを聞いているだけでも、どんな歌なのか理解しています。

例えば「Five little monkeys jumping on the bed」という曲を聴くと「あ、ぼよんぼよんだー!」と言ったり、なんの曲かは忘れましたが、「Sleepy sleepy…」という歌詞が出てくると「あ、ねんねだー!」とか言ってます。

 

1歳児は英語と日本語が混ざり気味…3歳児は完全に区別して覚えている

これはかなり残念な点なのですが、1歳児は英語と日本語が混ざり気味になっています。

例えば数字も「いち、に、さん、し、ファイブ!」と言ったり、動物の名前もにわとりが「クックドゥー!」(多分、にわとりの鳴き声がcock-a-doodle-dooなのでそこからきていると思われます)になってしまっています。

我が家は3歳児に英語を教えようとすると、もれなく1歳児も付いてくるため、どうしようもないのですが、少し困っている点ではあります。

3歳児の方は「これは英語でなんて言うの?」と聞いてきたり、完全に日本語と英語は区別して覚えています。

 

どちらも英語は好きな様子

これはとても嬉しいことですが、3歳児も1歳児も英語は好きみたいです。

YouTubeの動画や歌も大好きで、好きだからこそ英語をどんどん吸収している感じがします(*^-^*)

 

さいごに

会話レベルの英語はまだまだできていない気がしますが、幼児期はインプットがまずは大事ということなので、これからも楽しみながら焦らずにインプットを続けていければなと思います。

また、子供に英語を教えるつもりが、自然と親も英語の勉強ができるので、おうち英語はやってよかったなーと思います(*^-^*)

これからおうち英語を始める方の参考になれば幸いです☆

 

おうち英語初めて2ヵ月の記録はこちら。

imakoso.hatenablog.com

 

1ヵ月の記録はこちら。

imakoso.hatenablog.com

 

2週間の記録はこちら。

imakoso.hatenablog.com

 

おうち英語の参考になるおすすめ書籍の紹介はこちらから。

imakoso.hatenablog.com

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)