imakoso

imakoso

楽しみながら、おうちでできる知育。

おうち英語の記録【1ヵ月】

おうち英語を始めて1ヵ月ほどたちましたので、この1ヵ月やってきたことと、子どもたちの様子をまとめておきたいと思います。

 

 

この1ヵ月の間にやったこと

英語DVDを見せる

我が家では毎日、朝起きてから長男が幼稚園に行くまでの間、お勉強系DVD1本と童謡系DVD1本の計2本を見せています。

 

実際に使っている教材はこちら

My Best English

こちらがお勉強系DVDです。

最初のうちは食いつきがイマイチでしたが、何度も見せているうちに子どももわりと好きになってきたようです。

私自身も何度も見ているうちに、内容がしっかりしていていいDVDだなと思うようになってきました。

 

Super Simple Songs

こちらが童謡系のDVDです。

You Tubeで人気の童謡がDVDに収録されています。

覚えた英語はこのDVDの影響といってもいいほど、我が家の子どもに影響を与えているDVDです。 

 

英語のCDを聞かせる

我が家には英語の童謡CDと英語絵本の朗読CDがあるのですが、英語絵本の朗読CDは私が英語絵本を読み聞かせるときの発音確認くらいにしか使っておらず、主に英語の童謡CDを聞かせています。

朝DVDを見たあとに時間があれば聞かせたり、夕方遊んでいるときに流したりしますが、2~3日に1回程度とあまり頻度は多くないです。

使っている教材が悪いというわけではなく、バタバタしていてそこまで気が回らなかったりするだけです。

いい影響があることはわかっているので、今後意識して使っていきたいと思っています。

 

実際に使っている教材はこちら

Super Simple Songs

人気の英語の童謡がたくさん収録されています。

上記DVDと内容が連動しているため(全てではないですが)、CDを聞いてからDVDを見る(DVDを見てからCDを聞く)と食いつきが違います。

また、DVDだと見せすぎの心配がありますが、CDだとBGM感覚であまり気になりません。

上記のDVDとの併用がおすすめです。

 

英語絵本の読み聞かせ

1冊8ページで1ページに1行程度の簡単な絵本を読み聞かせしています。

朗読CDがついていて、CDにあわせて絵本をめくるのが、一般的なやり方(?)のようですが、『絵本は読んでくれるもの』と思っている我が家の子どもには、このやり方は合わないようで、朗読CDはかけずに普通の絵本と同様に読み聞かせを行っています。

なるべく毎日読みたいのですが、時間がなかったり、子どもが疲れていて読めない日もあります。

読むときは25冊全て読むこともありますし(1冊がとても短いのでテンポよく読めば10分程度です)、5冊くらい適当に選んで読むこともあります(3分もかかりません)。

 

実際に使っている教材はこちら

Sight Word Readers

『サイトワード』というのは『目で見てすぐに読める単語』のことです。

使用頻度も高く、理屈ではなくたくさん触れて覚えたほうがよい単語です。

詳しいレビューは長くなりそうなので、別記事にまとめたいと思っています。

今のところ、目に見えた効果はありませんが、英語の『読む力』や『書く力』につながっていくと思うので、英語絵本に慣らしておくことは必須かと思います。

 

現在の子どもたちの様子

3歳児

・英語のDVDやCDを聞いて、歌詞などの長いフレーズもまねしている

・発音がよい

・アルファベット(A~Z)、数字(1~12)、月(1月January、2月Februaryなど)は覚えて発音している

・英語と日本語をきちんと区別している

 

1歳児

・英語のCDやDVDを聞いて、単語をまねしている

・「peek-a-boo」というと、いないいないばぁの動作をする

・英語と日本語がごちゃまぜになっている(日本語で数字を数えるときに9だけ「ナイン」になってしまう)

 

1ヵ月続けてみて思ったことと今後の課題

子どものあたまはとてもやわらかく、予想以上に英語を吸収していました。

まさに『スポンジのようにどんどん吸収していく』感じを近くで見ていて感じずにはいられませんでした。

主に英語DVDの影響が大きいと思います。

発している英語は、英語DVDで出てきたものがほとんどです。

ですが、CDや絵本にも効果やメリットがあるため、こちらも継続してやっていきたいと思っています。

 

気になる点としては、3歳児は日本語と英語を区別しているのですが、1歳児は日本語と英語がごちゃまぜになっています。

この辺は注意していった方がいいかなと思います。

 

あとはDVDとCDで同じ内容というのが、やはり効果的で食いつきが違います。

この点では、日本の英語教材(有名なところだとディズニーの英語システム(DWE))などはとても優れていると思います。

でも、値段がね…高いんですよね…

そのため、現在は次なる教材を探し中。。

気になる教材は見つかっているので、実際に使ってみてよかったら近日中にブログで紹介したいと思っています。

 

いずれにせよ、子どもも遊び感覚で英語が身につきますし、親にもあまり負担がかからないのでおすすめです(*^-^*)

気になる方はぜひやってみてくださいね♪

 

おうち英語の参考にしている書籍はこちら。

imakoso.hatenablog.com