imakoso

今しかできない子育てを楽しむための情報発信ブログ

1~2歳からできる簡単お料理お手伝い

お料理の支度中ってなぜか子供が一緒に遊んで欲しがりますよね~(笑)

そんな時は、「ちょっとあっち行ってて!」ではなく、簡単なお手伝いをさせちゃいましょう!

すると、あら不思議!

子供はお手伝いに夢中になるのでその間に料理もはかどるし、食育にもつながる、ゆくゆくは自分から進んでお手伝いをしてくれる子に!といいこと満載!

今回は1~2歳くらいの子供でもできる簡単なお料理のお手伝いをまとめました。

やり方や注意点なども詳しく載せましたので、ぜひ参考にしてみてくださね!

 

 

お米とぎ

これは1歳台でもできるお手伝いです。

子供はお米のさらさらとした感触が大好きみたいです。

また、水を扱うことも大好きです。

この二つの感覚が同時に味わえるお米とぎは子供にはたまらないようで(笑)

刃物や火を使わないので安全にできるのも安心です。

注意点としては、始める前に『お米や水をこぼさないように伝える』こと。

まぁ、子供なのでそうはいっても当然こぼすこともありますが、初めに言っておくのとおかないのとでは、違ってきます。

そして、『やり方をゆっくりわかりやすく見せてあげる』こと。

ただ言葉で「お水をぐるぐるかき回してね~」などというと、子供はハチャメチャにやり始め、面白くなってくると収拾がつかなくなるため、必ず『見せて』教えること!

そうするとあまりハチャメチャなことにはなりません(笑)

ちなみにうちの子もそうでしたが、最初のうちは水に手を入れたまま黙っていたり、お米を研がずにただ触っていたりすることがあるかもしれません。

子供なりにお米や水の感触を確かめている最中なのかもしれませんね。

そんなときは「早く早く」とせかさずに、他の作業でもしながら見守ってあげてください!

感触を確かめることに満足したら、研ぎ始めるようですよ。

こんな単純な作業でも、子供にとっては五感を使ったいい知育になるんですね~(*^^*)

 

玉ねぎの皮むき

こちらも1歳台からできます。

子供ってシールをはがしたりするの好きですよね。

それと同じような感覚で、夢中になって皮をむき続けます。

やり始めると2個3個と家にある玉ねぎは次々と皮をむいてしまいますが(笑)

玉ねぎは他の野菜と違って、皮をむいてもすぐに傷むことがないので、多くむいてしまっても後日料理に使えます。

これも手や指先を使うので、手や指先を器用に使う練習になりますよね!

注意点としては、なかなかむき終わらないと思うので、自分が使うものとは別の玉ねぎを皮むきように与えるといいです。

あとは、床に玉ねぎの皮が散らばるかもしれませんが、掃除機で吸えば一瞬なので、ある程度自由にやらせてあげてくださいね。

調理時間の確保にこれはかなり使えました(笑)

 

ピザパン作り

こちらもきれいにできるかは別として(笑)1歳台からできますよ。

食パンとソースと切った具材、ピザ用チーズを用意します。

ソースは市販のピザソースでも、ケチャップでも、ケチャップとマヨネーズを1対1で混ぜてオーロラソースにしてもおいしいですよ。

食パンにソースをスプーンで塗ってもらいます。

次に切った具材とピザ用チーズを乗せてもらうだけ。

ちなみに具材は玉ねぎ、ピーマン、ウィンナー、ベーコン、ハム、プチトマト、なす、ブロッコリー、ズッキーニ、アスパラ、コーンなど。

子供が苦手なピーマンやなすなども、自分で調理すると食べてくれやすいですよ!

好き嫌い対策にもおすすめのお手伝いです。

 

バナナの皮をむく、切る、盛り付ける

こちらは2歳位から。

包丁を使うので、ママが見てあげることが必須ですが、こちらもおすすめです。

包丁は子供用の包丁を使うといいですよ。100均にも売っています。

我が家はダイソーで買った子供用の包丁を使っていますが、バナナやウインナーを切ったりするには十分です。

子供用とは言っても包丁なので刃先は鋭くはないですが、扱い方によっては指が切れる危険もあるので、その点はやる前に十分に子供に言って聞かせ、危なくないように見守ることが大切です。

こちらも、まずはやり方を『ゆっくり丁寧にして見せる』と、子供も慎重にやってくれますよ。

我が家では、バナナを毎朝食べるのですが、バナナとまな板と包丁とお皿を用意し、自分と弟のバナナを用意するのは長男の仕事にしています。

やはり、おままごとではなく、実際の食べ物と道具を使ってやるのは相当嬉しいみたいです。

 

ホットケーキ作り、卵割り

こちらも2歳位からおすすめ。

ホットケーキの粉と牛乳と卵を泡立て器で混ぜるお手伝いです。

最初は混ぜる工程だけやってもらって、慣れてきたら卵を割らせてみるといいと思います。

その際は、殻が入ることがあるので、粉が入っているボールとは別のボールを用意して、そちらに割るようにするといいです。

こちらもやり方を教える際は、まずは『ママがお手本をゆっくりして見せる』といいですよ。

『力を加減しながら卵にひびを入れる』『ひびの部分に両方の親指をつけるように持つ』『親指に力を入れながらゆっくりひらく』『卵を下のボールに優しく落とす』の4点をしっかり見せるようにするといいです。

最初のうちは失敗することも多々ありますが、何度かやるうちに、殻を入れず黄身も割らずに上手に割ることができるようになりますよ。

 

さいごに

いかがでしたか?

子供はおもちゃで遊ぶよりも、こういったお手伝いが大好きなようで、きちんと教えさえすれば、だんだん上手にできるようになります。

教えるときのポイントは『言葉で説明するのではなく、お手本をゆっくりとして見せる』こと!

怪我にだけは十分注意して、積極的にお手伝いさせてみてくださいね!