imakoso

今しかできない子育てを楽しむための情報発信ブログ

お店などで子供が走り回ってしまう時の対処法

お店やスーパーに入ると、なぜか子供って走りたがりますよね(^_^;)

カートに乗せたり、手を繋いだりできればいいのですが、乗りたくないとグズったり、手を振りほどいて行ってしまうことも…

もちろん、お店や他のお客さんの迷惑になったり、子供自身が転んだりぶつかったりして危ないので、できることならやめさせたい。

でも、子供が2〜3歳だとちょうどイヤイヤ期とも重なったりして、叱ってもイヤイヤ〜!と余計に騒いだり、2〜3秒もしないうちにまた走り出したり…

子供だから仕方ないと放っておくのも躾が出来ていない親だと思われるし、ものすごくキツく叱って泣いても騒いでも無理やり従わせるというのも周りの目が気になります。。

そもそも、親がどう思われるかではなく、子供がルールをきちんと守れないと、後々子供自身が困ることになりますよね(^_^;)

 

一体どうすればいいんだろうと、私自身も悩んでいました。

 

が、とても効果的な方法を見つけました!

 

それは、

 

子供自身にお店は歩くところだと言わせること!

 

具体的にどうするかというと、

 

子供がお店の中を走り出しそうになったり、実際に走り出した時に、子供に質問します。

 

「お店の中ではどうするんだっけ?」と。

 

そうすると子供は「走らない」とか「歩く」とか言ってくるので、

 

「そうだね、お店の中では走らないで歩くんだよね!大正解!」と言ってあげます。

 

そうすると、子供も自分で「歩く」と言った手前、親が「走らないの!」とか「歩きなさい!」と言った時よりも、わりときちんと歩くようになります。

 

もし、最初の質問で答えがわからなかったとしても、大丈夫。

 

「お店の中では走らないで歩くんだったよね〜」と言った後すぐ、

 

「で、お店の中ではどうするんだっけ?」と再度質問します(笑)

 

そうすると、「走らない」とか「歩く」と言ったような回答を子供の口から引き出せます(^_^)

 

さらに、さりげなく「走って他の人にぶつかったら危ないもんね〜」と理由を付け加えてあげます。

 

そして、ちゃんと歩けたらすかさず「ちゃんと歩いててえらいね!」と褒めます!

 

これでだいぶ歩いてくれるようになりました(^o^)

 

まだまだ、走りたい衝動にかられる時は多々あるようですけど、また質問することで、思い出してくれるようです。

 

この方法なら、放っておく訳でもなく、キツく叱る事もないので、周りの目も気になりませんし、何よりも子供にしっかり落とし込めます。

 

この方法はお店の商品に触りそうになった時などにも応用できます。

 

「お店のものはどうするんだっけ〜?」と質問して、「触らない」とか「見るだけ」という回答を子供から引き出せば、子供はその通りにしてくれます。

 

そして、さりげなく理由を言う!

できたら褒めるのも忘れずに♪

 

ガミガミ言うのは、子供だけじゃなく、親もストレス溜まりますよね〜

 

子供も親もできると嬉しい。

 

万人に効果があるかはわかりませんが、子供がお店の中を走り回って困っている方は、一度試してみてはいかがでしょうか(^_^)?