imakoso

今しかできない子育てを楽しむための情報発信ブログ

お祭りの金魚を家で飼うとどうなるか

お祭りに行くと必ず見かける金魚すくい

 

飼うのは色々面倒だからと、子供が「やりたい!」と言っても、「うちは飼えないから無理だよ!」とやらせない家庭も多いですよね。

 

現に我が家でも、上記理由でなるべく金魚すくいはスルーしてきました。

 

が、子供の「これ、やってみたい!」というキラキラした目に負けてしまい、まぁなんとかなるでしょという軽い気持ちで、金魚の飼育がスタートしました。

 

最初は家にあるバケツかなんかに入れときゃいいでしょと思っていましたが、

そういえばカルキ抜かなきゃダメなんだっけ。

あのブクブクみたいのもないとダメなのかな…

とだんだん事の重大さに気付き、帰りにホームセンターに寄ることに。

 

2000円ほどで水槽とブクブク、エサとカルキ抜きなどのお試し品がついた飼育セットがあったので、こちらを買って育てることにしました。

 

初日

買ってきた水槽を軽く水洗いし、カルキを抜いた水を入れ、ブクブクも稼働。

水合わせといって、金魚を袋のまま30分位浮かべ、水温に慣れさせるそう。

早く広い水槽に放ってあげたいが、ガマンガマン。

 

2~3日後

もしかしたら、すぐ☆になっちゃうかもなと思っていたけど、特に問題はなさそう。

この頃は朝晩2回のエサやり。

 

1週間後

家族旅行の予定があり、5日ほど家をあける事に。

もしかしたら旅行中に☆になっちゃうかもな…と思いつつ、出かける前に多めにエサやり。

 

旅行から帰宅後

もしかしたら…と思いつつも水槽を覗くと、まだ生きている!良かった〜!

すぐにエサをあげる。

 

飼い始めてから2週間ほど経過

実は結構初期の段階から、あまり元気な金魚ではなく、底の方でじっとしてる事も度々あった。

最初は金魚ってこんなもんなの?寝てるのかな?くらいにしか思ってなかっけど、

最近はほとんどの時間底の方でじっとしている。

やっぱりなんか変と思ってよくよく見てみたら、尾ビレに白い点々が…!

 

白点病発症

ネットで調べると白点病という病気らしい。

金魚の風邪と呼ばれるくらいよくある病気で、原因は主に水質の悪化からくるそう。

そういえばここまで一度も水槽は掃除してない。

 

治療開始

治療法は水温を上げて、薬で治すのが一般的なよう。

他にも塩水浴と言って塩水につける方法もあるらしい。

塩水浴は効果が薄いような気がしたので、とりあえず薬を入れて、ヒーターはなしという状況で、あとは金魚の生命力にかける事にした。

 

治療から5日後

投薬してから3日目くらいまではほとんど変化がなかったけど、4日目くらいから白い点々が少なくなっていき、5日目にはなくなっていた。

金魚もそれに伴い、元気を取り戻した様子。

 

飼い始めてから1ヵ月ほど経過

白点病を乗り越え、元気に泳いではいるが、今度はポップアイ(目がとび出てくる)という病気ぎみかも知れない。

重症になってくれば、また治療が必要かも知れないが、現在はこまめに水換えをし、水質を綺麗に保ちつつ、エサも1日1回入れすぎないように注意して、様子を見ている。

 

まとめ

気軽に考えていた金魚の飼育ですが、想像以上に大変でした。

金魚って勝手に丈夫で飼いやすいイメージだったのですが、実際はというと、

 

・家にあるバケツなど、適当な入れ物では飼えない。

・金魚ばちですら金魚にとっては狭く、すぐに水質が悪化して病気の原因になるので、初心者には向かないそう。

・金魚の数が多いと、それだけ水質も悪化するのが早い。

・お祭りの金魚は、すでに弱っていたり、何かしら病気にかかっているものが多い。

・出目金は普通の和金よりも体が弱く、飼うのが難しい。←我が家はたまたま出目金をゲットしてしまった…

・エサの与えすぎはフンが増え、水質がすぐに悪化しやすい。

・こまめに水換えが必要。

・水槽の水を全て替えるのは、環境が変わりすぎ金魚に負担がかかるので、特別な事情がない限りは、やらない方が無難。

・水換え時、温度差は1〜2度程度に抑える。(急激な温度変化に弱い)

・カルキを抜かない水は金魚にとって猛毒。

 

とにかく金魚はデリケートな生き物です!

 

と、ここまで、マイナスイメージなことばかり書いてきたので、良いことも書いておきます。

 

・金魚のことなんてすぐに忘れるかと思っていましたが、子供は毎日エサを自分からあげ、とても可愛がっているようです。

・子供が生き物に興味を持ったり、生き物を大切にするという気持ちを育むのには良いと思います。

・気を付けるべき点が沢山あり、特に初めのうちは大変ですが、1ヵ月くらいして慣れてくると水替えなどもそんなに面倒ではありません。

・今ではすっかり家族の一員(^-^)

 

生き物を育てるのは大変ですが、こういった素敵な面があるのも事実。

もし、金魚を飼われる方は、水質悪化にくれぐれもご注意を!