imakoso

imakoso

楽しみながら、おうちでできる知育。

【0、1、2歳児向け】ねんねがテーマの絵本3選

寝る前に絵本を読む方も多いと思いますが、今回は子供にウケがよかった『ねんね』がテーマの絵本を3冊ご紹介したいと思います。

 

 

おやすみ~

かわいいイラストとわかりやすい内容で、0歳台からおすすめな1冊。

『はぶらしさん おやすみ』『ピアノさん おやすみ』『つみきさん おやすみ』といろいろなものにおやすみを言って、最後はもうふをかけてママやパパとねんね。

ほっこりしつつも、歯みがきやお片付けをやさしく促してくれるストーリーがいいなと思いました。

 

おふとんかけたら

ソフトクリーム、トイレットペーパー、そらまめなどにおふとんをかけたら…?

「どうなっちゃうんだろう!?」「そうきたか!笑」と展開がとても楽しい1冊。

作者は『だるまさんが』などでおなじみのかがくいひろしさん。

おふとんの柄など細部にもこだわっているので注目です♪

 

どうやってねるのかな

動物がテーマの絵本は数あれど、『動物の寝かた』に着目した絵本は少ないのでは?

まさにいろいろな動物がどうやって寝るのかを描いている絵本なのですが、大人でも「へーそうやって寝るんだぁ!」 と思ってしまう内容です。

ちなみに我が家では、それぞれの動物の寝かたをまねしたりして遊びました(^o^)

そんな楽しみ方もできる絵本です。

 

さいごに

以上、『ねんね』がテーマの絵本を3冊ご紹介しました。

絵本のように子供もすやすや眠ってくれるといいですね~(^-^)