imakoso

今しかできない子育てを楽しむための情報発信ブログ

【0歳児から】初めての図鑑は『こどもずかん』がおすすめ!

『こどもずかん』という絵本、知っていますか?

名前の通り、こども向けのずかんなんですが、0~1歳くらいからとてもおすすめの絵本です。

かわいいイラストで、どうぶつやくだもの、のりもの、むし、はな、かずなどが日本語と英語でのっていて、英語は発音までカタカナでのっています。

日本語でものの名前を覚えたり、英語を覚えるのにも使えます。

全ページ厚紙でできているので、小さな子供が扱っても破れにくいのも嬉しいです。

 

1歳位からは自分の好きなものがのっているページを自分で開いたり、指をさしたりしていました。

とにかく食べるのが好きだった長男は、くだものややさいなど食べ物のページばかりみていたり、長男の影響で0歳からトミカを常に握りしめていた次男は、のりものやくるまのページをよく見ていたりと、子供によって興味が違うことがわかり、おもしろかったです。

 

生活の中で見つけたものや、他の絵本に出てきたものなどとマッチングして遊ぶこともよくありました。

子供は一緒のものを見つけるのが楽しいらしく、「これとこれといっしょ!」と見つけてものすごく楽しそうにしていました。

 

「ばななどーこだ?」「パトカーどーこだ?」など絵を探すのも楽しいです。

私の住んでいる地域では、1歳半検診で『指さし』ができるかどうかという検査項目があり、この本を使って練習したこともありました。

 

動物園で動物を見たときや、散歩中にお花を見つけたときなども、家に帰ってからずかんを見て「今日〇〇見たね~!」というと、記憶にも残りやすく、名前を覚えるのにもかなり使えました。

 

2歳くらいからは「これなーに?」全盛期で、ずかんを開けば「これなーに?これなーに?」としきりに聞かれました。

 

また、3歳位になった今では「鼻が長くて、耳が大きい動物、だーれだ?」など問題を出して、答えさせたりしています。

息子はこの問題が気に入ってるようで、毎回「問題出して〜」と言ってきます。

 

英語ものっているので、子供が大きくなっても長く使えます。

 

他にもシリーズがあり、セット販売もされています。

子供の誕生日プレゼントなんかにもいいかもしれませんね!

一家に一冊はずかん系の絵本おすすめです(*^^*)