imakoso

今しかできない子育てを楽しむための情報発信ブログ

幼児がひらがなを覚えるための教え方のコツ

そろそろ子供にひらがなを覚えてほしいと思っても、なかなかひらがなに興味を持ってもらえなかったり、同じくらいの年の子がひらがなを読めているのに自分の子ができていないと、他の子と比べたくなくても親としてはちょっと焦ることもありますよね(^^;)

また、何から教えたらいいか、どうやって教えたら早く覚えてくれるかなど、子供にひらがなを教えるのにはちょっとしたコツがあります。

コツさえ押さえて教えてあげると、子供も楽しくすんなり覚えてくれますよ!

今回は我が家も実践して役に立ったひらがなの教え方のコツをご紹介したいと思います。

 

 

ひらがなを教える環境を作る

まず最初にすること、それは『あいうえお表』を貼ることです。

すでにあいうえお表は貼っているというご家庭もあるかもしれませんが、この『あいうえお表』にもポイントがありますので、確認してみてください。

まず、使う『あいうえお表』ですが、子供にとって大きくて見やすいものがいいと思います。

キャラクターものの『あいうえお表』もありますが、一般的なイラストがついているものの方がいいと思います。

(なぜなら、キャラクターものだと、人気キャラクターの文字は覚えやすいかもしれませんが、あまり人気のないキャラクターの文字はかえって覚えずらいと思うからです。)

この『あいうえお表』を子供が過ごす部屋の、よく見る場所、よく見える高さに貼りましょう。

我が家では、子供が遊ぶ部屋のおもちゃが置いてある場所に貼っていました。

 

ひらがなの教え方

まずは子供の名前の文字から教える

例えば『たろうくん』なら『た』という文字から教えます。

『あ』から順番ではなく、子供にとって一番なじみのある文字から教えた方が、子供も興味を持ちやすいからです。

あいうえお表の『た』を指さしながら、「たろうの『た』はこれだよ~」といった感じです。

名前の文字だけわかりやすく色を付けてもいいです。

教えるときは、子供が遊んでいるのを中断して、「今からひらがなのお勉強をしましょう」という感じではなく、子供があいうえお表に興味を示したときや、あいうえお表の近くにいるときにさりげなく教えるのがポイントです。

次に「たろうの『た』はど~れだ?」と聞いてみます。

「これ!」とうまく指をさせれば、褒めてあげます。

うまくできなくても「ここだよ~(^^)」という感じでさらっと流してください。

あまりしつこく教えたり、叱ったりするとひらがなが嫌いになってしまうので、興味がなさそうであればまた日を改めてチャレンジしてください。

 

子供の好きなものの文字を教える

自分の名前の文字が覚えられたら、徐々に他の文字も教えていきます。

あいうえお表に書いてあるイラストの中で子供が好きそうなものや、イラストとは関係なく子供の好きなもの(キャラクターでもいいですよ!)があればその名前の文字を教えてあげます。

我が家の場合は、乗り物好きだったので乗り物に関係した文字を教えました。

とらっくの『と』や、ひこうきの『ひ』など。

子供が好きなものの名詞を使うことで、子供にとっても文字が覚えやすいです。

ここで、あまり焦って一気にたくさん教えようとするのは厳禁です。

興味があればどんどん教えてもいいですが、子供の反応を見て、興味がなくなってきたら途中でもすぐやめるようにしましょう。

興味がないのに教えても覚えないですし、しつこく続けてひらがなを嫌いになってしまっては、この先教えるのがどんどん大変になりますので、必ず守ってくださいね!

 

『あいうえお』を音読する

あいうえお表に興味を持ってきたら、『あいうえお』を音読してみましょう。

文字を指さしながら、ゆっくり、はっきり発音するのがポイントです。

子供と一緒に言ってみてもいいですし、ただ聞かせるだけでもいいです。

もし、子供が真似して一緒に言う場合、最初のうちは間違えたり、発音が悪かったりすると思いますが、あまり言い直さなくて大丈夫です。

何回も練習するうちに、間違えることが少なくなってきたり、発音がだんだん良くなってくると思います。

最初から完璧を求めて教えると子供にとって負担が大きいので、まずは大まかにできるようになってから、徐々に細かい部分を修正する方が断然効率がいいです。

 

文字を読ませる

文字の形と音が大体一致してきたら、あいうえお表の文字をさして「これな~んだ?」と質問してみましょう。

分かったときはどんどん褒めてあげて、分からなかったり間違ったときはさらっと訂正してあげてください。

ここでも子供の反応を見て、興味がなくなってきたら、すぐに切り上げてくださいね!

 

日常生活の中でもひらがなを意識する

絵本のタイトルなどの大きく書かれた文字を一緒に読んでみたり、おでかけしたときに看板などの文字を教えてみたり、ひらがなの積み木などがあればそれで遊んでみたり、お風呂で数を数える代わりに50音を言ってみたりと、日常生活の中でさりげなくあいうえおを教えるようにするといいです。

 

教えるときのポイントまとめ 

  • 子供の興味がある時に教える
  • 子供の興味がある文字から教える
  • 興味がなくなったらすぐ切り上げる
  • 初めから完璧を求めない
  • できたときはどんどん褒める
  • できなくてもしつこく教えない、叱らない

子供は興味があることはどんどん覚えてくれますが、興味がないことは全然覚えてくれません。

そのため、上記のポイントを押さえて、子供に興味を持たせ楽しくゲーム感覚で教えてあげることがポイントです!

別の言い方で言うと、いかに『勉強してる感』を出さずに教えることがポイントです。

 

さいごに

いかがでしたか?

我が家はこの方法で、わりとすんなりひらがなが読めるようになりました。

なかなかうまくいかずに悩んでいる方、これから教えようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

親子で楽しみながら、ひらがなが覚えられるといいですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】くもん ひらがなさいころつみき
価格:3580円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)