imakoso

今しかできない子育てを楽しむための情報発信ブログ

子供を絵本好きにする方法と読み聞かせのコツ

子供には絵本好きになってもらいたい!と多くの親は思いますよね。

でも、どうやったら子供が絵本好きになってくれるのかわからない、そもそも自分があまり絵本好きじゃないという方もいるのでは?

実は私がまさにそうでしたが、子供は見事絵本好きになってくれました。

今回は私が実際にやった、子供を絵本好きにする方法と読み聞かせのコツをご紹介します。

 

 

子供を絵本好きにする方法

なるべく小さいうちに絵本に触れさせる

長男は首がすわるくらいの頃から絵本の読み聞かせをしていました。

もちろん、もっと早いうちから始めてもいいと思います。

あくまで私の実感ですが、子供がよくわかっていないうちから読み聞かせをしてきたことで、本を読むということがおもちゃで遊ぶのと同じくらい、当たり前のことのようになっていったように感じます。

子供がすでに大きい場合も大丈夫。

根気よく読み聞かせをすれば、徐々に絵本に興味を持ってくれます。(次男がこのパターンでした)

でも、やはり早く始めた方が、より簡単に興味を持ってもらえるような印象です。

 

絵本を用意する

私の場合はどういう絵本が子供にいいのか全く分かりませんでした。

そのため、毎月絵本がもらえるベビーくもんを利用していました。

もちろん本屋さんで赤ちゃん向けの絵本コーナーから買ってきてもいいです。

図書館を利用するのもいいと思いますが、赤ちゃんのうちはなめたり折ったりやぶいたりするので、借りるよりは何冊か買った方が気持ちは楽だと思います。

厚紙でできた絵本であれば、赤ちゃんでもぐちゃぐちゃになりにくいです。

最初から沢山用意する必要はありません。(あっても問題ありませんが)

1~2冊をじっくり読むような気持で始めて、子供が慣れてきたら少しずつ増やしていくといいと思います。

 

子供の手の届くところに絵本を置く

絵本を用意したら子供の手の届くところに置いておきましょう。

ぐちゃぐちゃになるからとしまっておくと読む機会を失いがちです。

ぜひ、ぐちゃぐちゃ覚悟で子供の近くに絵本を置いておきましょう。

我が家では、リビングと子供部屋の手の届くところに置いておきました。

すると子供は気になって絵本を手に取ります。

自由に見るだけでもいいですし、子供が手に取ったタイミングで読み聞かせをしてあげると効果的です。

 

絵本を読む習慣をつける

子供の読んでほしいタイミングでもいいですし、最初あまり子供が興味を持っていないときなどは親のタイミングでもいいので絵本を読む習慣をつけるといいです。

あまり最初からハードルを上げすぎて、「毎日必ず〇冊読む!」とかだと、親も子供もしんどくなります。

絵本を読む習慣をつけるポイントは、とにかくハードルを下げること。

最初のうちは慣れるまで大変なので、簡単な絵本1冊でもいいです。

絵を見るだけの日や、途中で終わる日があっても大丈夫。

読めなかった日は、翌日に2冊読む!など、できるだけ絵本に触れない日が少なくなるように心がけてやると長続きしやすいと思います。

 

読み聞かせをするときのポイント

きちんと読むことにこだわらない

子供は読んでいる途中で他の本を読んで欲しがったり、ページを飛ばしたり戻ったりというのをよくしたがります。

でも、そこで絵本を最後まで読むことにこだわりすぎないでください。

子供がしたいようにしてあげるのが絵本好きにするポイントです。

そんなことしていたら、子供が絵本を最後まで読まなくなるのではと心配になるかもしれませんが、大丈夫です。

子供も最初のうちは『絵本はかわいい絵が沢山のっているもの』くらいの位置づけですが、そのうち絵本には物語があって、最後まで読むと楽しいものだと、だんだん理解するようになってきます。

自然と最後まで読むようになってくるので、あまり気にしなくて大丈夫です。

それよりも無理に読んで、子供が絵本嫌いにならないように、まさに子供が絵本と友達になれるようにしてあげてください。

 

何回でも気が済むまで読んであげる

上記とは逆に、一度読み終わっても、「もう一回、もう一回」と何度も繰り返し読んで欲しがることもよくあります。

親としてはいろんな絵本に触れてほしいという思いもありますので、「次はこっちにしよう!」と別の絵本を読んであげたくなります。

でも、子供が繰り返し読んで欲しがったときは、ぜひ気の済むまで繰り返し読んであげてください。

子供は繰り返しが大好きです。

そして、繰り返し読んでいくと必ずどこかで満足します。

私も一時期、一度に同じ本を10回以上読まされたことがありますが、ある程度読むと満足するようです。

そして自然と次の絵本へという感じで、徐々に子供のお気に入り絵本が増えていきます。

また、繰り返し読んで欲しがるのは、ある一時だけで、そのうち1回読むだけで満足するようになっていきます。

 

聞いていなくても読む

これもよくあることで、読んでいるうちに飽きてどっかいっちゃうパターンです(笑)

とくに最初のうちは集中力もあまりないのでしょっちゅうでした。

でも、そこで絵本を閉じずに何事もなかったように読み続けること。

さすがに出先ではできませんが、子供しかいない自宅では自分が絵本を音読しているというような感じで、子供が聞いていなくても読み続けてください。

子供も聞いていないように見えて、実は聞いているそうです。

自分で耳はふさげませんからね(笑)

絵を見なくても話を聞いているだけで十分ですし、徐々に最後まで集中して聞いてくれるようになっていきます。

 

子供が読んでほしいタイミングで読んであげる

子供が絵本に興味を持ち始めると「読んで読んで」と絵本を持ってくることもあると思います。

その時に、お皿を洗っていたり、掃除をしていたりすると、「ちょっとまってね」と読むのを後回しにしがちですが、できるだけ子供が読んでほしいタイミングで読んであげてください。

後回しにすると、すでに違うおもちゃで遊んでいたりして、絵本を読むモードじゃなくなっていることもあります。

子供が絵本を持ってきたときは、絵本好きにするチャンスだと思って、なるべくすぐに読んであげてください。

 

親子で楽しみながら読む

やっぱり楽しく読むのが一番です。

子供を笑わせるような気持で読むといいですね。

声の大きさを変えてみたり、読むテンポを変えてみたり、体を使ってみたり。

難しければ、しかけ絵本なんかだと、親子で一緒に楽しめます。

絵本は勉強のひとつではなく、遊びのひとつといった感じで、楽しくやるのがポイントです。

 

さいごに

いかがでしたか?

これならできそう!と思いましたか?それともやっぱりちょっと面倒くさそう(^^;)と思いましたか?

もし、ちょっと面倒くさそうと思っても、子供が絵本好きになってくれると、これから先、言葉を教えたりひらがなを覚えたりするときなどにもとても役立ちます。

もちろんそれ以外にも絵本から学ぶことは沢山あります。

ぜひ、試してみてくださいね!

 

 

 こちらの記事もおすすめです。

 

imakoso.hatenablog.com

 

imakoso.hatenablog.com

 

imakoso.hatenablog.com