imakoso

今しかできない子育てを楽しむための情報発信ブログ

【0歳児向け】知育ができるおすすめ木のおもちゃ

木のおもちゃってぬくもりがあって、耐久性もあって、小さな子供でも安心して遊べますよね。

楽しく遊んでさらに知育にもなれば親としてはとても嬉しいですよね!

今回は知育にもなるおすすめの木のおもちゃをご紹介したいと思います。

お子様、お孫様へのプレゼントや、出産祝いにもおすすめです(*^-^*)

 

 

スロープ

実際に自分で遊べるようになるのは1歳過ぎからではありますが、大人が木のボールを入れてあげれば0歳台から目で追って楽しむことができます。

スロープのおもちゃはいくつかありますが、このおもちゃのいいところは、上の黄色いところから木のボールをポトンと落とせるようになっているところ。

赤ちゃんはなぜかポトンと落とすのが好きです(笑)

手でボールを握って、狙ったところに持っていき、手を放すといった動作も、小さい子供にとっては手の運動の訓練になります。

そして、スロープのおもちゃは左右に転がって落ちていくものが多いのですが、このおもちゃは表から裏へ、裏から表へとくるくる回りながら転がり落ちていきます。

一番下には鈴がついていて、チリンとなるのも楽しいです。

奥行きがあるため安定感があり、木のボールも誤飲しないサイズなので、小さな赤ちゃんでも安心して遊べます。

デザインもおしゃれなので、出産祝いなどのプレゼントにも喜ばれると思います。

 

ルーピング

正直、大人が見ても何が面白いんだろう(^‐^;)と疑問に思うこのおもちゃですが、子供はこのおもちゃが大好きなようです。

うちの息子(2歳)もほぼ毎日やっていますし、長いと30分くらいずっとやってることも。

子供向けの施設にも必ずと言っていいほど置いてありますよね。

こちらも自分で遊べるようになるのは1歳過ぎくらいからですが、誤飲の心配がないため、大人が手伝ってあげれば0歳台から遊ぶことができます。

最初のうちはひとやま超えるのがやっとでも、そのうち端から端まで動かせるようになり、さらに早く移動できるようになり、と成長に応じて長く遊べます。

最初は少しできただけでも褒めてあげると、にこっととても嬉しそうにします(*^-^*)

指先を使うのは脳の発達にもいいそうです。

ボーネルンドのルーピングは、土台部分もワイヤー部分も頑丈な作りで、子供が少々乱暴に扱ったくらいでは全くへこたれません。

カラフルな見た目は子供の興味を引きますし、子供部屋にあるとかわいいです。

 

つみき

ドイツのジーナ社製の音が鳴るつみきです。

赤、青、黄、緑、紫、橙が2色ずつ計12個あります。

色ごとに鈴や木などが入っていて、振ると音が鳴ります。

4cm角の立方体で中は空洞になっていて、小さな赤ちゃんでも軽くて持ちやすいです。

塗料も舐めても安全なものが使われています。

また、口に入らない大きさのため、誤飲の心配もありません。

かわいい柄や、色々な形が入ったつみきもありますが、このつみきをおすすめするのは、成長とともに様々な遊び方ができるからです。

ねんねの頃でも、大人が赤ちゃんの目の前で積み木を見せ、音を鳴らしながら動かすと赤ちゃんが目で追いかけます。

赤ちゃんが自分で持てるようになったら、自分で振って音を聴いたり、つみき同士をぶつけて遊んだりできます。

つみきとして遊ぶ際も、色々な形がない分、積むということに集中できます。

「同じ色はどーれだ?」「同じ音はどーれだ?」と色あて音あてを楽しむこともできます。

同じ大きさなので、数を教えたりするのにも使えます。

6色のつみきを大人が様々な形に並べ、子供に同じように並べられるかといったパズル遊びもできます。

皇太子様のお孫様の愛子様も遊んでいたようで、出産祝いや初めてのつみきとしてとてもおすすめです。

 

さいごに

以上3つのおもちゃをご紹介しました。

実際に使っていて子供がよく遊んでいるものや、実際に子供を育ててきた中でこういうのが欲しかった!というものを厳選しました。

どれも、少々値段は高いですが、安全性が高く知育にもなり長く使えるので、買って損はないかと思います。

しっかりとした作りで壊れにくく、流行り廃りのないおもちゃなので、世代を超えて使えます。

デザイン性も高く、部屋に置いておいてもおしゃれなところもママにとってはうれしいですよね。

赤ちゃんの時代は脳の発達にも重要な時期、何もしないでいるよりも、遊びながら楽しく知育ができますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!